任意組合と匿名組合の違い

任意組合Good Com Fund 匿名組合
物件の所有権 あり なし
出資のメリット 節税効果 優先劣後
分配金の課税区分 不動産所得 雑所得
運用期間 長期間 短期間
出資単位 高額 低額
  • ※ 上記の内容は、一般的な一例であり、組合商品によっては異なる場合があります。
  • ※ 任意組合でも、物件の共有持分について第三者へ処分することはできません
  • ※ 優先劣後とは、万が一、出資額の元本割れが発生した場合、優先出資した一般投資家が優先的に元本が償還される構造
    劣後出資した営業者が先に損を被り、一般投資家はその劣後出資以上の元本割れが発生した際にしか損をしません。

Good Com Fundが任意組合を選ぶ理由

任意組合は、不動産そのものを他の組合員と共同で所有し、 匿名組合では、不動産賃貸収入を得る権利を購入しているようなものです。

そのため、定期的に得られる分配金は、任意組合では「不動産収入」となり、匿名組合では「雑所得」として扱われます。

sentiment_satisfied_alt

したがって、任意組合であるGood Com Fundの場合、現金を不動産に置き換えることができますので、金融資産評価額の圧縮効果が期待できます。

参考用事例

小規模宅地の特例とは

個人が、相続又は遺贈により取得した財産のうち、その相続の開始の直前において被相続人等の事業の用に供されていた宅地等又は被相続人等の居住の用に供されていた宅地等のうち、一定の選択をしたもので限度面積までの部分(以下「小規模宅地等」といいます。)については、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、一定の割合を減額します。この特例を小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例といいます。

小規模宅地等については、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、次の表に掲げる区分ごとに一定の割合を減額します。

Good Com Fundは、貸付事業用宅地等に該当し、土地の評価額を50%減額することが可能となる場合があります。 なお、相続開始前3年以内に贈与により取得した宅地等や相続時精算課税に係る贈与により取得した宅地等については、この特例の適用を受けることはできません。

keyboard_arrow_up