一般的な分譲マンション(投資用マンション含む)と賃貸用アパートの違い

sentiment_satisfied_alt

マンションはアパートに比べ、利回りは低くなりますが、後々の資産価値は高く、長期保有資産としては、安全安心でおすすめとなっています。

  • (注)上記は一般的に言われているものです。実際の差異について、個々の物件毎に仕様・実績等が異なりますのでご留意ください。
分譲マンション(投資用マンション含む)
GoodComFund
賃貸用アパート
建築構造 強い(鉄筋コンクリート造等、造りが頑丈なため、防音、耐震・耐火性が高い)(気密性が高く、省エネ) 弱い(木造等のため、防音、耐震・耐火性が低い) (気密性が低く、エネルギーロスが多い)
建築基準法 検査項目、検査回数が多い 検査項目、検査回数が少ない
セキュリティ 高い(オートロックや監視カメラ等) 低い(玄関が外部に露出している)
耐用年数 長い(例:RC等47年) 短い(例:木造22年)
瑕疵担保保険 あり(万が一建物に瑕疵があり建築会社が倒産した場合、保険適用) なし(万が一建物に瑕疵があり建築会社が倒産した場合、自費負担)
立地環境 都市部や駅近が多い 需要に関係なく郊外や駅から遠くても点在する
内装 グレードが高い グレードが低い
家賃 高い 安い
管理 管理組合による運営(安定した運営) 管理組合がない (管理方法に優劣があり、大幅な修繕費が突然発生する)
利回り 低い(例:都内新築3%前後) 高い(例:都内新築6%前後)
資産価値 下がりにくい(耐用年数も長いため、資産価値は安定的) 下がりやすい(耐用年数が短いため、資産価値は下落しやすい)
換金性 区分での売却が可能で換金性が高い 1棟単位となるため、換金性が低い
  • ※瑕疵とは、本来備わってなければいけない機能や性能(耐震性等)などに欠陥があることを言います。
keyboard_arrow_up